FC2ブログ

ぐうたら主婦のきままな日々

いつのまにか60代も半ば過ぎ…健康で楽しく過ごしたい…そんな気ままな日々を綴ります

Top Page › 日々のあれこれ › 今日のあれこれ
2020-12-04 (Fri) 23:57

今日のあれこれ

歯の治療
10月13日から通い始めた歯科。
今日で8回目でした。
6回目までは週1でしたが(5回目は歯が折れたので臨時)、11月に入ると混んできて
次の7回目は12日後、8回目の今日は11日後、次回も11日後です。

最初、過去治療した歯の裏側だけで終わるはずが、4回目の後すぐにその歯が折れてしまい、
前の部分の根の処理もすることになりました。
今日は一応、最後の根の処理をして薬を入れて仮歯をつけて終わり。
あとは中に芯を立てて被せるのだけれど、型取りなどもあるので、あと3回くらいかかると。

しかし、このペースだと次が15日だから、年内は26日位が最後。
あ~あ、年内に終わらなかった
正月は仮歯ということですね。


散財と節約
歯医者は午後1時過ぎに終わったけど、麻酔が効いているのと仮歯を付けたばかりなので、
1時間くらいは食事が出来ません。

なので時間つぶしがてら用事もあったのでイオンに行ったら、トルコ物産展をやってました。
なんか珍しいのでぶらっと見ていたら、気に入ったものがあって、台に1000円と書いてあった
ので、買うことにしました。

気に入ったのはこちら
12/4 青い器  イオンのトルコ物産展で 12/4 青い器  イオンのトルコ物産展で

トルコブルーです…ブルーが好きなので、ついつい気に入ったりするのはいつもブルー。

形がご飯茶碗のようでもあり、ならご飯茶碗で使うとしてペアで買うかと、赤いのも。
12/4 赤い器  イオンのトルコ物産展で 12/4 赤い器  イオンのトルコ物産展で

全て手書きだそうで、でも台に書いてあった1000円のはその手前にあった小さな器で、
これは2000円でした…二つで税込み4400円也

12/4 青い器と赤い器  イオンのトルコ物産展で
※袋がティファニーブルーと同じ感じ?

あまり買い物好きではなく衝動買いもしない方なので、この金額は私にしては珍しい散財
その後牛乳が切れていたので買おうと思ったけど、イオンではなく同じ銘柄が20円安い
業務スーパーへ…散財したのでちょっと節約(貧乏性なので)…大した額ではないけど気休めね

まあ、最近中々歩かないので、天気も良くて良い運動になりました


恋する…スィーツシリーズ
ドラマ「この恋あたためますか」とのコラボスィーツの第2弾。
観ている人は知っている。
ヒロインの樹木(森七菜)たちの作った「リンゴのプリン」は、社長の浅羽(中村倫也)が
解任されたので、発売中止に…う~ん、残念。

でも先週のドラマでは樹木のライバル(スィーツ作りと恋の)が作ったスィーツが販売されてて、
またコラボ販売もされているらしいので、買っておいてと夫からのミッション
自分が帰って来る時刻には売り切れてるからって。

1軒目の店(前回のリラックシューを買った店)に行ったら、売り切れ…というか売ってない?
で2軒目に行くことにしたけど、家を挟んで反対方向なので一旦家に買ったものを置いてから。
近道のつもりで裏の道から行ったら、目的の2軒目は通り過ぎてしまったので、先にある
2軒目に無かったら行くつもりだった3軒目に。
ここはこのコラボスィーツの場所がキッチリ確保されてて、沢山あったので2つゲット
こちらも往復20分ほど歩いたので、この日の歩数は計7200歩超え

その名も「恋する火曜日の極上パンプディング」
12/4 恋する火曜日の極上パンプディング 12/4 恋する火曜日の極上パンプディング

中味の説明
12/4 恋する火曜日の極上パンプディング 12/4 恋する火曜日の極上パンプディング

ドラマの中で、買いに来た子供が北川里保(石橋静河)に、「これってどんな味?」と聞くと、
「フレンチトーストのようなプリンよ」と答えていました。

食べてみると…なるほど、確かにそんな感じ
今迄のパンプディングよりパンのきめが細かくて、しっとりとプリン液?卵液が浸透してて、
甘さ控えめの硬めのプリンの様で、美味しかったです
プリンやフレンチトーストが好きな人にはお勧めです

コロナ禍のメンタル…寂しい
今日のニュースで取り上げられていた、話題になっているアメリカの病院で撮られた1枚の写真。
コロナで入院している高齢らしき男性が、防護服の医師に抱きしめられている。
「妻に会いたい…寂しい」と泣いている。

これを撮ったのは日本出身のカメラマンで、彼が言うには、病院内でこの男性に接触するのは、
防護服にマスクとフェイスシールド着用の医師と看護師だけ。
ずっと生身の人間との交流が出来てないらしい。
病気(コロナ)も苦しいだろうけど、親しい人に誰にも会えないのは辛いだろう。
まして未知の病気(コロナ)との孤独な闘いはもっともっと辛く、寂しいだろうと思う。

私は普段からそう交流が多い方ではないけれど、改めて考えたりはしないようにしている
けれど、親しい人たちに自由に会えないのはやっぱり寂しいし、つまらない。

時々読んでいるシニアブログで、施設に入っている高齢のお母さんが転んで大腿骨骨折して入院。
手術もするらしいが、手術の立ち会いも面会も出来ないらしくて、高齢のお母さんが一人で
大丈夫かと心配されている。

私も去年腰の手術をしているので、身につまされる。
術後の一番つらい時、妹と夫がいてくれた…誰もいなかったらあの辛さが何倍にもなったろうと
思うし、辛くて、きっと泣いていたと思う

今は、ケガも病気も普段以上に気を付けないといけない…孤独な闘病は辛い。
義母にもよくよく言っておこうと思う。


ランキングに参加しています。良かったらポチッとよろしく(^-^)/
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
スポンサーサイト



最終更新日 : 2020-12-05

Comment







非公開コメント