FC2ブログ

義母の話…なんだかモヤモヤ

今日は、去年秋から検査で通っている大学病院に義母の付き添いで行ってきました。

去年12月のМRI検査をして、副腎の腫瘤については今のところ問題なく年一回の
経過観察になりましたが、腎臓にある嚢胞はやや大きめ(直径33mm)なので、
専門医(泌尿器科)の診断が必要ということになったため、紹介されて、今日が
受診予約日でした。

義母の話<その1>
ある事情から、固定電話をやめて携帯に切り替えようかと、去年の9月ごろ、カンタン携帯を
持たせたんです。
電話のかけ方や取り方、メールの仕方・見方、写真の撮り方などなど一通り説明もし、
練習もしたんですが、難しいらしく、電話のやり取りがやっとできる程度。
81歳ですから、まあ仕方ないです。

でも、一昨日こんなメールが来ました。
2/12 義母からのメール
おお、メール打てるようになったんだ

しばらくしてから
2/12 義母へのメール
と、返信しました。

私は8時半に家を出ればラクラク間に合うので、支度を済ませてから洗濯を干してました。
すると、8時10分ごろ「ずっと待ってるけど来ないから…」と電話。
はあ?
「8時5分でしょ?違った?」と
いやいや、読み間違ったのか…8時50分だよ、洗濯を干し終わったらすぐ行くからと、
ホームのベンチで待っててもらうことに。
今日は幸いあったかかったので良かったけど、寒い日だったら…

バスは1時間前の7時43分のに乗ったらしい…早すぎるでしょ、1時間も前って

しかし病院に着いてから義母の携帯を確認すると、最初の返信しか見ていず、
あとの3つの返信は未読

それを言うと、いや見たと。
8時50分を8時5分に見間違ったと言い張る。
いや、未読ですから見てないでしょ…
いや、確かに見たと…強情です

去年5回ほど行っているから、その時の記憶で思い込んだんでしょう、きっと。
でも、8時5分あたりの電車はまだラッシュで混んでいるから、その時間に
行ったことは無いんですけどね…思い込みがハンパない


義母の話<その2>
肝心の泌尿器科の診断は、嚢胞の大きさとしてはまあまあの大きさなんですが、見たところ
ガンとかの悪性腫瘍ではなく、中身は血が少し混ざった水なので特に悪さすることは無い
とのこと。

何も治療する必要はなく内分泌科の経過観察の時に一緒に経過観察していけば良いと。
腎機能に影響があるかどうか確かめると、高齢だから多少機能が落ちてきていても、
この影響ではないと。

診察も混んでいなくて待ち時間もなく、こちらは良い結果でした


義母の話<その3>
義母はだいぶ前から出かけるときはいつもマスクをしています。
年のせいなのか、喉がいがらっぽくなるとかで、夏でもしています。
そういう状況だから、私のように5、60枚入りの箱で買っていると思っていました。

1月31日に家に行った時に、新型コロナウィルスがあるので、予備の分も用意して
おいた方が良いと言ったら、ウン、まだ沢山あるから大丈夫と。

なのに今日はマスクが全然売ってなくて、この間3枚500円のがあったから
やっと買ったのよ、これがそう。
高いだけあって、すごくいいわよと。

でも、使い捨てなのにそんな高いの買って大丈夫?と聞くと、
だって1枚もないんだからしょうがないと…はあ?マジか…

2週間経ってるけど、毎日取り換えたとしても14枚。
その程度じゃ、沢山あるって言わないよ。
使い捨てと言ったら、?って顔してたから、毎日取り換えてもいないかも。

神奈川で80歳代の女性が、感染して亡くなってるんだよ!
危機感ないのかね…

除菌グッズも全く準備していなくて、あちこち触った手で、マスクも触るし、
食事の時に、手を拭くのに除菌シートを上げ、あちこち触った手で食べないように注意した。
除菌シートある?と聞くと、
「まだお父さんがいた時に、ボトルのを買ったんだけど、中身が渇いちゃっててね…」と。

お義父さんが亡くなってから4年半ですから、そんな昔の話されてもね。
欲しいと言うので予備に持っていた携帯用のを一つ上げた。
ったく、買うの大変なんだよ、今は、もうっ。

マスクも除菌グッズも不足してる中、あなたの分まで調達するなんて無理ですからっ
少なくとも、前にもっと正直に無いから、ついでに買っておいてとでも言ってくれれば、
それなりに対処したけど、今更言われても遅いよ、もう知らんよ


義母の話<その4>
早く終わったので、お昼を食べずにバスでターミナル駅まで戻ってきたら、朝ご飯食べてない
から、バスに酔っちゃったと。

は?なんで?検査も何もないのに。
もしも検査があったらと思ってね食べなかったのって。
だーかーら、早く家を出過ぎるから、食べる時間が無くなったんでしょ

ダイエット中だから、ホントは外食したくなかった
でもまだ帰途途中、具合悪くなられてもしょうがないし、食べて帰ることになりました。


義母の話<その5>
腎機能落ちていることもあり、足がむくむことがあると。
で、今履いている靴はむくむと履けなくなると。
義母は背も1m40cmくらいしかないから、足も小さくて21cmしかありません。

なのに以前履いていた靴は23.5cm。
ブカブカの靴をズルズルと引きずって歩いてました。
危ないので、21.5cmの靴を見つけて、今後はこのくらいの靴を履くように言ってました。

でも今の靴はまた23cmくらいらしい。
大きすぎるのは危ないからやめた方が良いと言うと、
むくんだ時履けないからと。
だから、前の方が開き、マジックテープで調節できるようなのにしたら?というと、
ああいうのは、おばあさんが履くヤツだからカッコ悪い…イヤと。
まあお婆さんだけどね(笑)と。

いやいや81歳だよ、お婆さん、自覚しようよ。
ズルズルと大きい靴引きずって歩いている方がカッコ悪いし、危ないよ。

私もババ臭いからイヤとか思うことあるけど、80歳超えたら諦める。
杖ついて、ヨチヨチと私の倍の時間かかって歩いてて、何がお婆さんみたいで…よ!
正真正銘のお婆さんですよ!
(69歳が81歳に、目クソ、鼻クソですけどね

この人の価値観、全くわからん。
モヤモヤした一日、疲れました


ランキングに参加しています。良かったらポチッとよろしく(^-^)/
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ







スポンサーサイト



病院の付き添いはまだ続く

10月末から始まった義母の病院の付き添い。
昨日は先週受けたМRIの結果を聞きに行ってきました。

10時の予約で、予約時間の20分前に待合室に座ったのですが、5分もしないうちに
看護師に呼ばれ、診察前に超音波の検査をするように言われました。
用紙に「至急」と書かれていたので、ちょっと不安?

超音波検査に小一時間かかり、診察は予約時間より1時間遅れになりました。
やっぱり、時間がかかる。

超音波の方はさておいて、まずはCT検査で分かった副腎のしこりについて。
このしこりは、脂肪を含む皮質腺腫と言われるものらしいが、先日の血液検査の結果から
見ても、ホルモンを多く分泌するなどの要素はなく、良性と思われるとのこと。
ただ、今後影響が出る可能性もあるので、年に一度CT検査と血液検査で経過観察は
必要とのこと。

次に左腎上部の腫瘤について。
これは出血性嚢胞で、30mm以下であればいじる必要のないものであるけれど、
義母のは33mmとやや大きいので、これは専門医(泌尿器科)で診断してもらう必要が
あるとのこと。

他に肝臓にも2か所病変があり、超音波検査の必要があったので、来てすぐに超音波検査の
指示が出たようです。
超音波検査の結果は、嚢胞は認められるが明らかな病変は無いとのことで、問題は
ありませんでした。

総じて、結果はあまり心配のないものでしたが、腎臓の出血性嚢胞については泌尿器科での
診断が必要になったので、まだ100%大丈夫ということではありませんでした。

副腎の方は1年後のCT検査の予約、腎臓は泌尿器科への紹介状を発行されて、帰る前に
泌尿器科の予約を取りに行きました。
どうやら泌尿器科はかなり混んでいるらしく、最短で来年の2月ということで、
2月半ばの予約になりました。

副腎は本来、内分泌代謝内科の専門外来の管轄らしく(初診では一般内科)、次回からは
専門外来での受診。
でも1年先の予約は出来ず、CT検査の1週間か2週間後の診察予約を自分で電話して
取らなければなりません。
忘れないようにしないと…さっき、来年のカレンダーに書いておきました。

しかし義母80歳、1月が誕生日なので年が明ける81歳です。
今年は何とか行けましたけど、来年はどうでしょう?
という私だって、来年の事なんてどうなるかわからないですよね。

1年後の検査には、本人「もう、良いよ、ほっておいても」とか言ったりしています。

いつ死ぬかわからない年齢になってきて、特に体がきつくない限り、検査に通うのも
大変だし、もういいかなって気持ちもわからないでもないです。

とは言え、義母の家系は長生きの家系。

一番下の妹さんが肺がんで7年前くらいに亡くなってますが、長兄89歳、長姉86歳、
次兄が83歳、次が本人で80歳、すぐ下の妹が77歳とみんな後期高齢者ですが元気。
偶然というか必然か、次兄夫婦以外は一人暮らし。

そんな中でも、長兄は2回のがんの手術を克服、長姉は子供の頃より脚が悪く、装具を
付けていることもあって数回大腿骨を骨折しています。
しかも80過ぎてから1年のうちに2回も骨折している。
でも2人とも寝たきりにも、痴呆にもならず、普通に歩けるまで回復して一人暮らしを
続けている

すぐ下の妹さんは、義父の葬儀や法事の時に数回会っていますが、私なんかよりずっと元気。
最寄り駅までや長姉の家まで自転車でガンガン走っているらしい。
(私は5年位前に自転車は怖くなってやめました

義母もきっと長生きに違いない。
あと10年は固いと思われる…その頃は私の方がダメかも

今は老々介護の入り口にいますが、その頃は真っただ中

そんな先の事はともかく、年内で終わるかと思った大学病院の付き添いは、来年も
続きそうです
というか、これから先はずっと付き添いしなくてはならないかも。

理解力も?だし、それを普段かかっている主治医(糖尿病他で)に伝えるのも無理っぽい。
普段かかっている病院へは特別な事がない限り大丈夫だろうけど、何かあれば、
やはり行かねばならない。

なるべく、問題なく、元気でいて欲しい。
(愛ではなく(少しはある?)自分の負担軽減のためですけどね

ランキングに参加しています。良かったらポチッとよろしく(^-^)/
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ

一難去ってまた…

今日、先日(10/28)の義母の検査の結果を聞きに行ってきました。

結論から言うと、血圧を上げる副腎からのホルモン過剰によるアルドステロン症では
ありませんでした。

安静30分後の血液検査では血圧を上げるホルモン、アルドステロンは基準値内で、
レニン活性は基準値より低いものの、アルドステロン/レニン活性比は基準値内。
そのほかの血圧を上げる原因となる副腎からのホルモン過剰もないので、
高血圧の原因とは思われないとのこと。

CT画像では両方の副腎に1cm程度のしこり(軟部結節)があるが、ホルモンの異常は
ないし、副腎ガンは100万人に1人と、ごくまれなので良性だと思われるとのこと。

まあ、とりあえず副腎ガンを始め副腎系の病気の心配は無くなりました


が、ついでと言っては何ですが、腎臓の上部に腫瘤があることが発覚。
よくある嚢胞などではなく、こちらは良性なのか悪性なのか精密検査が必要だと
(先生、悪性という言葉は使いませんでしたが)

МRI検査なのですが、腎臓は実際は泌尿器科の専門。
でも、そちらに紹介してからだと検査が遅れるので、こちらで副腎と合わせてということで
МRIの予約を取り、問題があるようならその時点で泌尿器科の方に紹介しますと。

うーむ、専門外とはいえ、副腎のように「悪性はまれで、ほぼ良性」とは断言しない。
検査も早い方が良いとは?やっぱり…

あまり深刻になっても、義母が不安になるだろうし、先生も明るく話されていたので、
こちらも軽く対応しましたけど、帰ってからあれこれ調べてしまいました。

で、来週検査か?というと、МRIは非常に混んでいて、最短で12月6日(金)で、
結果は翌週の12月13日(金)。
ほぼ1か月後です

副腎だけなら、今日で終わりでしたが、腎臓で来月まで持ち越しになってしまいました
МRIの結果いかんでは、泌尿器科に変えてまた通わなくてはなりません。

場合によっては、入院とかもあるか?

介護の波がひたひたと迫ってくるような予感


ランキングに参加しています。良かったらポチッとよろしく(^-^)/
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ

一病息災

昨日書いた義母の病気についてです。

諸々の事情から、義父母が近くに引っ越してきてから12年が過ぎましたが、
当時から義母はHbA1cが11.0(基準値6.0)と異常値であるにも関わらず、治療を受けて
いなかったので、すぐに医者に連れて行きました。

糖尿病は食事の管理が重要ですが、義母には無理だし私にも難しいので、
治療食を利用していて、運動も適度にやっているのでまあまあな状況を維持していました。

それ以外は便秘症だったり、たまに胃が悪い、風邪をひく程度で内科的問題はなし。

ところが今年8月末頃に、デイサービスでの血圧測定で、いきなり180を超えた
との事で当日の運動は出来なかったと。

その前に、クレアチニン(腎機能の数値)も0.8くらいだったのが1.02になって
しまった(基準値は女性で0.8まで)と聞いていました。
腎臓透析をする人の多くは糖尿病腎症からくると聞いていたので、いよいよ義母も腎機能が
低下し始めたか、血圧も腎臓が悪くなると上がるのでその結果かなと思っていました。

でも義母もこんなに高くなったことが無かったので心配になり、翌日すぐに糖尿病でかかって
いるクリニックに相談に行き、急に血圧が高くなるのはおかしいのでホルモンの検査をすると
言われ、9月に入ってから検査(血液)を受けたと、後で聞いた。

高血圧でホルモンの検査?
私の知識の範囲にはない事なので良くわからないし、私自身は腰の手術前後の頃の話で、
余裕が無く、軽く聞き流していました。

でも特殊な検査のようだし、後から義母から聞いてもきっと良くわからないと思い、
一緒に行って結果を聞くことにしました。
台風19号対策協奏曲にも書いています)

普通、高血圧というと「本態性高血圧症」という特にこれという原因は無いけれど、飲酒や
喫煙、運動・食習慣などの生活習慣からからくるものとされています。
高脂血症や肥満などから始まり、徐々に血圧が上がっていきます。

私の場合も喫煙・飲酒は無いですが、更年期以降の肥満と脂質異常などから高血圧症に
移行してしまいました。

しかし義母のように、突然血圧が上がる場合、別な要素が疑われるらしいのです。

初めて知ったのですが、副腎から血圧を上げるホルモンが異常に出ている可能性がある
らしいのです。

検査は血液検査で、血圧を上げる要素のあるアルドステロンコルチゾールACTHなど。

結果はコルチゾール、ACTHは基準値内でしたが、アルドステロンに問題が。

アルドステロンはレニン活性との比率を見るようで、
義母のアルドステロン/レニン活性比は443でした。

基準値が200以下ですから、はるかにオーバーしています。

アルドステロンが多く分泌される原因は副腎に腫瘍(ほとんどが良性)があるか、
副腎の細胞の病変によるものだそうで、片側腫瘍の場合は摘出手術、両側腫瘍や病変に
よるものの場合は薬物治療になるそう。

病名としては原発性アルドステロン症で、怖いのは以下の特徴です。

合併症になりやすい高血圧
原発性アルドステロン症の場合も高血圧になるため、高血圧の合併症になり得ますが、
過剰なアルドステロンそのものが、血管や臓器にダメージを与えるため、
通常の高血圧(本態性高血圧)よりも合併症になる割合が高いと言われています。
原発性アルドステロン症の合併症リスクrisk

この確定診断には、内分泌代謝内科でのもっと詳細な検査が必要で最寄りの大学病院に
紹介状を用意してありました。

手術は内視鏡なので、負担が軽いとは言え、う~ん、と考えていたのですが、大学病院の
診察では、高齢なので手術のリスクの方が良くないので、腫瘍があったとしても手術は
しないと言われました。
ただし、腫瘍があった場合は経過観察で年に一度くらいCT撮影が必要のようです。

昨日の検査は
①尿検査
②30分ベッドで安静にしてからの採血(かなりの量を採ったらしい)
 採血後も出血しやすいのでそのまま30分ほど安静で計1時間
③腹部CT撮影 3枚ほど

結果は10日後の11月8日(金)です。

余談ですが、この度の大学病院行きでは、義母が、
「マリラさんいなかったら、1人じゃ来れなかった…1人じゃどうにもできなかった」と。

でしょ?今頃分かった?
義父が亡くなってから、義妹と一緒になってイヤな事いっぱい言ってくれたけど、
頭には来たけど、それでも、ずっと変わらずサポートしてきたでしょ。
義妹なんて義父の葬儀もさぼる人だから、一緒に来てくれるはずないもんね。
ありがたみ、分かってくれた?

という、少しスッキリした気分です


以上ですが、初めて聞く病名で驚きました。
が、糖尿病でかかりつけ医がいたために分かったことで、それが無くて普通に受診してたら、
本態性高血圧症の病名で終わったかもしれません。

昔は無病息災と言われましたが、糖尿病で長期診てもらっているからこその早期発見でした。

私は大丈夫だろうか?
若いころに比べたら、生活習慣、そんなにひどくない。
単に老化による動脈硬化かもしれないが、いつの間にか降圧剤の量が増えている。
もしもホルモンの異常があるために薬を増やさないと下がらないとしたら…。
リスクが倍増しているから怖いし、治療法も違うので、少し不安。

次の診察日にホルモンの検査をして欲しいと言ってみるかな?


ランキングに参加しています。良かったらポチッとよろしく(^-^)/
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ

大学病院付き添い

今日は、義母の付き添いで大学病院へ行ってきました。

東京ではなく隣の市なのでそう遠くは無く、一人なら楽勝のところですが、
義母の付き添いなので、ゆうに片道1時間チョイかかりまして、朝8時45分に
家を出て、帰って来たのは午後2時少し前。
約5時間…疲れました

とかく大学病院は時間がかかりますが、実は今日が2回目で、検査のみだったので
これでも早い方。

初診は10日前の10月18日(金)で、10時半に受付したのですが、呼ばれたのは
午後1時半過ぎ。
検査も何もないのに3時間待ち
待ちくたびれました

血液検査があるかと、朝食抜きで行った(義母が)ので、診察終了後病院内のコンビニで
サンドイッチを買って食べてから帰途に。

バス停に行くと駅行きのバスが止まっていたのですが、義母の歩みが激遅なので、
あと30秒くらい待ってくれてもいいのに「次に乗ってください」と待ってはもらえず、
15分待ち。

家を出たのは今日と同じ朝8時45分で、帰宅は午後4時半。
診察時間はたったの10分なのに、かかった時間は往復時間も含めて約8時間。

「健康でないと、大学病院には行かれませんねー」

と言う、ブラックジョークの世界です

しかし、義父も「骨髄異形成症候群」という珍しい病気でしたが、義母も珍しいというか、
今まで聞いたことが無い病名で、義父母両方が珍しい病気になると言うのも、どんな
巡り合わせなんでしょうか。

病気のことについてはまた改めて書きますね。

ふぅー、疲れた


ランキングに参加しています。良かったらポチッとよろしく(^-^)/
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ

13年目に突入しました~♪


いらっしゃいませ
カレンダー
  (月別アーカイブ)
最近の記事+コメント
お友達リンク♪
お友達募集中~♪
ダイエッター、食いしん坊、
同年代etc 但し、交流の無い
方や、宣伝目的の方はお断り
します。
姪の本です ヨロシク(^^)
7冊目 新発売♪
「かんたん!かわいい!まほうの
 スイーツデコ:親子でつくる、
 はじめてつくる、ねん土や
 レジンの小物たち」

かんたん!かわいい! まほうのスイーツデコ: 親子でつくる、はじめてつくる、ねん土やレジンの小物たち</a> 
</a></td><td style=
(2012.12.04)山田 けい
商品詳細を見る


 6冊目 新発売♪
 「お菓子デコ★リアル」

山田けいのお菓子デコ★リアル</a>
</a></td><td style=
(2012.10.26)山田 けい
商品詳細を見る

 
ブログ内検索
RSSフィード
Powered By FC2

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

プロフィール

マリラ

Author:マリラ
いつのまにか60代も半ば過ぎた
専業主婦です。

神奈川県在住
B型の牡牛座 
夫と二人暮らし
旅行や美味しい物が大好き♪
おかげで太っちょに
なっちゃった(・_・;)

13年前一念発起でダイエット!
7ヶ月で目標(58kg)達成♪
72kg→57.7kg(-14.3kg)
更に達成後約4ヶ月で
最少記録55.2kgを更新♪♪
(-16.8kg)

しかし、
じりじりリバウンド(>_<)
現在、9~10kgの
リバウンド状態。

今度こそと(一体、何度目?)
の再々…チャレンジ中(^_^;)

いわゆる、よくある
万年ダイエッター(*^^*)
ですが、本人至って本気です(^^♪

カテゴリー
ダイエット経過
クリック募金
1クリックでスポンサー企業が1円募金します。

ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる