FC2ブログ

静岡 吊り橋巡り その4  三島スカイウォーク

次の日の移動を考えて清水インターチェンジ近くのホテルルートイン清水インター
宿泊しました。

夫が出張で別な場所のこのチェーンのホテルには良く泊まっていて、ビジネスだけど
大浴場があって、朝食付きでなかなか良いという情報がありましたからね。

ほぼ泊まるだけなので狭すぎず、清潔ならば、安いし言うことなしです。
ただお風呂が狭いのが難点ですが、ここは男女ともに大浴場付き(そう大きくはないが)。

しかーし、男性用はフリーで入れるのですが、女性用はセキュリティーのために暗証番号を
入力しなければ入れないシステム。
渡された暗証番号のカードを持って、いざ行ってみたら入り口にあるその装置の使い方が
良くわからない。

正しい手順は
①フタを開ける②パネルにタッチ③暗証番号を入力④ドアノブをひねって開ける

なのですが、チェックインの時その方法を教わってない。
暗証番号をただ入力すればいいのだろうと軽く考えていたのですが、全く初めて見る装置。
見ると、フタが上に開けっ放しになっていて、後でタッチパネルと分かるが、真黒な物体。
何処に暗証番号を入力するのかが、まずわからない

脇に使用方法が書かれているのに気づいて読むも、字が小さくて老眼の目にはキツイ。
なんとか読み、真黒なのがタッチパネル式の文字盤と分かる。
タッチして点灯させるが、数字とアルファベットが初めて見る配列でしかも小さい
カードの番号を探しながら入力するが途中でタイムオーバーでまた真黒

再度チャレンジするも配列が変わっていて、また入力に時間がかかりタイムオーバー
6桁入力するのだけど、最初3桁で消えて真黒、次は4桁まで行った。
3回目頑張って5桁まで入れるがまたもタイムオーバー

はあ…もう限界です。
頭の回転と指の動作が遅く、機械のスピードに追い付きません
おばちゃん(おばあちゃん?)には無理です…フロントに助けを求めて開けてもらいました
早風呂なので、15分くらいしか入らないのに、中に入るのに5分以上かかったかも

でもお風呂は清潔で、一番乗りで混む前に入れたので良かったです。
5分程すると30代くらいの人が一人、更に同年代の方が一人入って来ました。
お風呂から出て、着替えなど整えて出ようとすると、入り口に誰かいます。
私がドアを開けると、50代前後の方が、ほっとしたように、
「入っても良いですか?」と。
「はい、良いんじゃないですか」
40代後半からは、難しいんだなと、私だけが特別トロいわけじゃないと、
少し安心しました

このホテル、良いんだけどこれがネックだな。

さて、前置きが長くなりました。

無事入浴後、ラグビー日本戦を観戦し(負けてしまって残念でしたけど)
その後、疲れているはずなのになかなか寝付けず、でもいつの間にか寝て一夜明けました。
この日は三島に行くだけで強行スケジュールじゃないので、朝はゆっくりできます。

8時過ぎに朝食に行きました。
無料なんですが、なかなか内容充実しています。
10/21 朝食バイキング  ルートイン清水

私たちは洋食系でしたけど、和食も用意してあります。
パンも数種類あって、つい沢山取り過ぎた…ゴマのついている手前のは半分夫に上げました。

9時過ぎにチェックアウトして三島に向かいますが、正面は初めて来た清水駅です。
10/21 清水駅

カーナビでは高速でも国道でもたいして変わらないので、国道で海沿いに行くことにしたの
ですが、この日は祭日のはざまで休みでない人もいる日。
結構仕事関係の車が多く、要所要所で渋滞がありましたので、一休みするために富士川を
渡ってすぐの道の駅富士に10時すぎに着きました。
10/21  富士山  道の駅富士

が、なんと工事中…
使えるのはトイレだけ…どうも今回、道の駅にもツキがない。
でも、富士山が見えたのでとしましょう。

ここから1時間ちょっと、12時前に三島スカイウォークに到着。
観光バスなども来ていて、なかなか混んでいます。
入場券(大人1100円)を買って、入場しました。

三島スカイウォーク
10/21 三島スカイウォーク

道の駅では見えていた富士山、1時間半後、方角もあるのですが、雲で覆われて
すっかり隠れてしまいました

晴れていれば、こんな景色です。
10/21 三島スカイウォーク 晴れているときの景色

外国人も多く、言葉は理解できませんが、「マウントフジ、マウントフジ」と言っているのが分かります。
せっかく来たのに、本当に残念でしょうね。
多分、もう無理だと思いますが、待っている様にしている人たちもいました。

橋は長さ400m、深さ(一番深いところ)70m、両端の塔の高さは44m。
日本一の大吊り橋とパンフレットに書いてあります。

2017年にグッドデザイン賞も受賞しているようです。
10/21 グッドデザイン賞の石碑

さて、富士山は隠れてしまいましたけど、気を取り直して渡りましょう。
10/21 三島スカイウォーク 雅之渡る 10/21 三島スカイウォーク 雅之渡る

私も、これはしっかりとした造りなので、揺れるけど渡りました。
10/21 三島スカイウォーク 真理渡る

ちょうど真ん中あたりに来ると、風もあり結構揺れてて、下は川が流れています。
10/21 三島スカイウォークj真ん中の真下附近

あまり見ていると高所恐怖症の私は怖くなるので、さっさと渡りました
渡り終えると北エリアです。
お店や、アクティビティのアトラクションがいくつかあります。
10/21 三島スカイウォーク 橋を渡った北エリア

アクティビティは、木製のボルダリングやアスレチック、吊り橋の少し下の横に張ってある
ワイヤーを滑り降りるジップスライド、ゼグウェイ、バギーで森の中を走り回る(ガイドと)など。
いずれも比較的高く、基本予約制のようなので、混んでいるときは要予約です。

昼時なんですが、飲食店は1軒しかないので混んでいる。
朝、バイキングでしっかり食べたので大してお腹も空いてない。
屋台店も出ていて、気になる韓国の「ハットッグ」があったので、買ってみました
(二人で1本ね
10/21 三島スカイウォーク 北エリアの売店でハットッグ 10/21 三島スカイウォーク 北エリアでハットッグを食べる

多分冷凍ので、並んでいるから気がせいて揚げる時間も短めなのか、
期待通りにチーズが伸びない
これなら、近所のスーパーでたまに売る冷凍のものと変わりない…3倍の値段なのに

飲食店の他に、ふくろうカフェがありました。
10/21 三島スカイウォーク 北エリアのフクロウカフェ

ふくろうカフェのふくろう
10/21 三島スカイウォーク フクロウカフェのふくろう

私は見ていないのですが、建物の手前のところに一羽、日向ぼっこしてたらしい。

アクテビティは怖くて出来ないので、散策できる「キコロの森」へ。
間伐材を利用して花の種を張り付けた「フラワードロップ」が売ってました。
1枚200円。
10/21 フラワードロップが買えるミニハウス 10/2 フラワードロップお願いを書く キコロの森

お願いを書いて橋の真ん中あたりで下に投げると、いつか花が咲く…願いが叶う?
10/21 買ったフラワードロップ

特に願い事思いつかなかったので、記念に持って帰りました。
家に帰ったら、出来てすぐに友達と行っていた夫も持ち帰ってて、飾ってありました

「吊り橋効果」で恋愛成就?的なハート形の絵馬などがあったり、橋の真ん中で二人で願うと
結ばれる…とか。
吊り橋にはカップル呼ぶための色々な工夫がしてありました。
(ここではなく、今まで巡った吊り橋の話です)
もはや私には何の影響もありませんが

橋を渡って戻り、駐車場の脇から入る南エリアのフラワーガーデンに行ってみました。
10/21 三島スカイウォーク南エリアフラワーガーデン

ここはお土産の店があったり、軽食が食べられるようになっています。
記念写真用に花の冠が置いてあり、かぶって自撮りしている人がいました。

入場券を買った時にもらった富士山麓の牧場の生乳を使ったソフトクリームの
割引券(50円引き)が使えたので、ソフトクリームを買いました(二人で1個)
10/21 三島スカイウォーク 南エリアのスカイガーデンでソフトクリーム

お土産も買ったことだし、次の目的地に向かうことに。
その前に、総工費2億円のラグジュアリートイレがあると言うので寄りました。
中はきれいですけど、例えば第2東名のトイレと同じレベルなので、トイレって意外と
費用が掛かるものなのかも。

トイレの前に高級感あふれる椅子があったので、座ってみました。
10/21 三島スカイウォーク 総工費2億円のラグジュアリートイレ前に置いてあった椅子で

座っている人間が貧相なので、台無しですけどね

次の目的地は、夫がテレビかネットの動画で見たらしいパンケーキのお店
たまご専門店 TAMAGOYAです。

着いたのは午後2時半くらいで、お昼をちゃんと食べてないし、一つは食事系のを頼もうと
思っていたのですが、前に3組ほど待っていて、私たちの一つ前に呼ばれた人達が、
「ランチ(食事系)は3時迄ですので、終了してますがよろしいですか?」と言われてました。
ああ、3時過ぎてしまった…食事系は諦めました。

その後通されて頼んだのはプレーンなタイプ。
注文後じっくり焼くので40分待ちです

やっと来ました。


今まで、食べたことの無いパンケーキです。
フワフワで玉子味が強いんだけど、よくある食べた感がないようなあのフワフワでは
ないんですよ。
10/21 パンケーキ  三島TAMAGOYA

10/21 コーヒー  三島TAMAGOYA

う-ん、今までで一番美味しいかも。

ここを最後に静岡を後にしました。

私、根っからの甘党ではないもんで、食事時の空腹を甘いものだけで満たすのはNG。
二つ注文する気はありませんでしたが、他の人たちはそれぞれ注文してました。
結構、大きいので美味しいけど、一皿全部はなかなかキツイらしく、隣の人は残してました。
残すって、美味しいのに最後にうんざりしてしまう…1つにしといて良かった。

結局、朝食しっかり食べただけで、後はみんなおやつ程度。
さすがに、帰宅する頃(夜7時半)にはお腹が空いてしまい、途中の店で
10/21 夕食 豚骨ラーメンと餃子  ずんどう屋

ラーメンと餃子で〆ました。

これで、静岡吊り橋巡りは終わりです。
長々お付き合いありがとうございました。

追伸 旅行中、食事以外は全部二人で一つで、そう食べ過ぎてはいないはずなのに、
   帰ってから体重を測ったら増えてました
   なんでなんでしょうね、ナゾです。

ランキングに参加しています。良かったらポチッとよろしく(^-^)/
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
スポンサーサイト



静岡 吊り橋巡り その3 吊り橋じゃない橋です

塩瀬の吊り橋の次は、島田市にある蓬莱橋に向かいました。

大井川にかかる木造の長い橋です。
10/20 蓬莱橋 島田市

この橋は、世界一長い木造の橋として、ギネスに認定されています。
10/20 蓬莱橋 ギネス認定の碑

渡り料が大人100円です。
10/20 蓬莱橋 島田市
吊り橋ではないので、渡りました

東側(海側)に、県道の橋が見えますが、川幅が広いのが分かります。
10/20 蓬莱橋から東側の大井川

渡り切って、高台(私は行かず橋のたもとで一休み)から見下ろしたところ
10/20 蓬莱橋 島田市

戻ります。
10/20 蓬莱橋 島田市


今度は西側、逆光なのと午後4時近くなったので少し暗く見えますが、水の量が多くて勢いが凄い。
10/20 蓬莱橋から西側の大井川

そういえば、「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」というのがありました。
この橋は明治になってから作られたので、この川幅、水の量を見るとうなずけます。

時代劇とかで、川越人足が旅人を担いで渡る姿とか、雨が続くと水かさが増すので、渡れず、
手前で足止めを食うとか、見た覚えがあります…ここだったのか。

この日は清水のビジネスホテル宿泊するので、清水に向かいます。
しかも夜7時からラグビーワールドカップ日本戦があるので、それまでに夕食を食べ終えて、
チェックインしなければならないので急ぎます。

静岡には良く仕事で来ている夫も清水は初めて。
あらかじめ調べておいた、清水港の河岸の市 マグロ館2階にあるどんぶり処 丼兵衛へ。

その日獲れた魚の中から5種類を選べる5色丼
DSC_19101008.jpg
マグロ、ハマチ、ほうぼう、鯛、釜揚げシラス(釜揚げ桜エビと勘違いして選んだ
新鮮だし、ひと切れが厚めで大きくて、これで1200円(税抜き)は格安。
うち辺りで食べたら、2500円は下らない、美味しくて大満足でした

※東京オリンピックのマラソン会場変更についての記事を書いたので、遅くなったし、
 短くなりました。
 あと1回、吊り橋巡りは続きます。


ランキングに参加しています。良かったらポチッとよろしく(^-^)/
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ

静岡 吊り橋巡り その2 

気が付けば、31日。
ラグビーワールドカップを始め、台風やら、旅行やら、色々いろいろあって、
あっという間の10月でした。

なのでとりあえず、途中になっている旅行の続きを、さっくり書いてしまおうと思います。


夢の吊り橋をバテバテになりながらも観てきて、次は吊り橋ではなくて大井川鉄道の
湖上駅を観に行く予定で、その途中にある長島ダムに寄りました。

大井川鉄道の長島ダム駅です、可愛い
10/20 長島ダム駅 大井川鉄道

長島ダムは少しだけ放流してました。
分かりにくいですが写真の右側に吊り橋がありまして、放流量が多い時、渡ると
風向きによってはしぶきがかかるというので、飛沫橋(しぶきばし)というそうです。
10/2 長島ダムの飛沫橋

反対側
10/20 長島ダム

このダム湖は接岨湖というらしいです。
10/20 接岨湖石碑

湖上駅に向かおうと思っていたのですが、見える場所に行くのが分かりにくく、
通り過ぎてしまい、少し上流にある南アルプス接岨大吊り橋まで行ってしまいました。
10/20 南アルプス接岨大吊り橋

予定していなかったのですが、大きなしっかりした吊り橋なので、渡れました
10/20 南アルプス接岨大吊り橋

見える場所に行くための駐車場は5台ほどしか停まれず、あきらめて他をウロウロ探して
いるうちに、ベストポジションが見つかったのでよく見えました。

大井川鉄道 湖上駅
10/20 大井川鉄道 湖上駅

見ていると列車が来ました。
10/20 湖上を走る大井川鉄道
普通に走っているのは2両くらいだったのですが、観光用なのか少し長めでした。

湖上駅に観光客が下りたらしく、にぎやかです。
10/20 大井川鉄道 湖上駅
ここは、線路の脇に歩道が出来ていて、両側の岸に歩いても渡れるそうです。
でも、かなりの勾配の道を行かなければならないので、当然パスです

11時半を回ったので、お腹が空いてきました。
次の吊り橋に行く途中にある道の駅で食べようと向かいました。

大井川鉄道 千頭駅
10/20 大井川鉄道 千頭駅 

この駅の裏側に「道の駅 音戯の郷」があるのですが、連休のイベント、
「トーマスフェア」をやってました。
10/20 道の駅 音戯の郷はトーマスフェア

10/20 道の駅 音戯の郷はトーマスフェア

よくある道の駅を想像したのですが、飲食するところはありませんでした。
野菜とか地元の方の手作りの食品とかもほぼなし。
イベントの屋台で何か売っているようでしたが、イベントに来ている親子連れで
混んでいるので、諦めて次の道の駅に向かいました。

道の駅 フォーレなかかわね茶茗館
10/20 道の駅 フォーレなかかわね

川根と言えば、お茶が有名?
お茶茗館は川根のお茶のことについて紹介する施設で、お茶やお茶を使ったお菓子などの
お土産の店と、お茶とお菓子のセットが飲めるお茶処があるだけで、やはり飲食関係はゼロ。

しかし12時半を過ぎて、朝が早かったので空腹もピーク。
道路の反対側にあった店は飲食店かと行ってみたら小さなスーパー。
そういえば、何か買ってきたものを庭の休憩スペースで食べている人がいたわ。

というので、おにぎりとオムそば買ってきて食べました。
10/20 近くのスーパーで買ったお昼 道の駅なかかわねで

道の駅の周りは一面お茶畑。
看板に「SLとお茶の…」と書いてあるが「なんだろうね?SL関係のもの何もないけど」
とか言いながら、のどかなお茶畑を眺めながら食べていると、ポーっと汽笛が鳴りまして、
お茶畑の向こうに、白い煙を吐いたSLがやって来た!

慌てて、スマホを出して撮ろうとするか、焦っているせいと、指が渇いているのか反応が
悪く、グッドタイミングを逃しました。
分かりにくいですけど、黒い列車がお茶畑の向こうに…。
10/20 茶畑にSL

お腹も一応、満たしたことだし次の吊り橋に向かいます。

大井川鉄道の塩郷駅の近くの塩郷の吊り橋
10/20 塩郷の吊り橋

民家の屋根で見えませんが大井川の脇を走る大井川鉄道と道路、
それに民家の上を渡している珍しい吊り橋です。

10/20 塩郷の吊り橋
10/20 塩郷の吊り橋
ここもこんな感じの幅の板しかなくて、怖くて渡れません

夫は大喜びで渡って行きました
10/20 塩郷の吊り橋

吊り橋の近くにカフェがありましたので、一休み。
みたらし団子
10/20 塩郷の吊り橋近くのカフェで 焼き団子

抹茶とバニラのソフトクリーム(道の駅なかかわねにあると思ったのになかったから…)
10/20 塩郷の吊り橋近くのカフェで 抹茶ミックスソフト

さっくりと、と言いながら長くなってしまったので、この辺で。
続きはまた。

ランキングに参加しています。良かったらポチッとよろしく(^-^)/
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ

静岡 吊り橋巡り その1 夢の吊り橋

19~22日が思いがけず4連休(夫が)になったので、せっかくだからどこかに行きたい。
しかし膝と腰が万全ではない状況…ですが、いつまでも大事を取り過ぎていても
なかなか動き出せない。
(いつもみたいな)強行スケジュールでなければ、行けるだろうと計画しました。

腰の術後1ヶ月の受診でも、長時間(2時間以上乗りっぱなし)でなければ、車での旅行も
OKが出ていたので、静岡なら2時間くらいで行ける。

リサーチすると静岡には吊り橋がいくつもあり、何度か行っている静岡は海側ばかりで、
吊り橋は行ったことが無い山側なので吊り橋巡りに決定。
川根本町観光マップ

DSC_1051 文字入れ

赤く囲んだところに行く予定。
不鮮明なので、ザックリ、文字入れてみました。

まずは、SNSで有名になったらしい「 夢の吊り橋」>から。
寸又峡温泉までの道も狭くて、休日には道路も混むし駐車場の確保も大変そう。
吊り橋は10人ずつしか渡れないので、連休などには1時間待つこともあるらしい。

そういうロスはなるべく避けたいので、混雑する前に行こう。
という訳で20日(日)の朝3時半に起きて、4時過ぎには家を出ました。
コースは…
夢の吊り橋 アクセスマップ

10/20 夢の吊り橋アクセスマップ

静岡から入るコースが相原・牧之原から行くより1時間も早く着くので、
静岡から入るコースを選択(のちに少し後悔

目論見通りまだ真っ暗な道路は空いていて、目的の静岡SAには1時間半ほどで到着。
トイレ休憩をしてから、スマートICで高速を降り、国道362号で向かいます。

しかし、これ国道?というほどの狭い道。
もしも対向車が来たら、バックするなどしてお互い譲り合うしかない。
どうやらひと山越えなくてはならないようで、くねくねと曲がりくねって登っていく。

子供の頃は良く車酔いしていたけれど、最近はめったになかった…なのに、
寝不足(前夜早寝するつもりが0時過ぎてしまったから)もあるからか、そのうち
気持ち悪くなってきた。
眠れはしないけど、目を閉じて、シートを少し倒して耐える。

1時間ほどたって、ほぼ登り切ったあたりで、こんな景色に出会えました。(午前7時前です)
10/20 静岡から寸又峡へ向かう途中の雲海

雲海です。
凄い…気持ち悪かったのも吹っ飛びました。

この辺りからどんどん下っていき、牧之原方面からの道に合流してやっと2車線の
道路になり走りやすくなり、一時間もかからないで寸又峡温泉に到着しました。
一番奥の駐車場もまだ1、2台しか止まっていなくてガラガラでした。
10/20 寸又峡温泉 夢の吊り橋への入り口

カモシカのオブジェの横の小さな橋を渡って「夢の吊り橋プロムナードコース」を行きます。
コースはこんな感じです。
10/20 寸又峡 イラストマップ

10/20  夢の吊り橋 プロムナードコースの距離と高低差

吊り橋までは1450m、90mの吊り橋を渡ってから急階段304段を登り
展望台まで350m。
そこから逆向きに飛竜橋を渡って夢の橋の入り口まで1300m、
元来た道に戻って1200m。
計4400m、結構ハードなコースです。
私、行けるのか?

ここまで来たんだ、行くっきゃないと、歩き始めるとプロムナードコース入り口付近で、
環境美化の募金箱があり、少し募金してパンフレット(先に表示したイラストマップ)を
もらって歩き始めました。

前日雨だったらしく、天気が回復してきているのでガスっています。
10/22 夢の吊り橋までの道からの景色

ん?前日雨?…イヤな予感。

天子トンネルをくぐります。
10/20 天子トンネル

10/20 天子トンネル内

壁や天井から水が滴っていて、足元濡れています。

トンネルを出てしばらく歩くと
10/20  大間ダムチンダル湖

大間ダムのチンダル湖が見えてきました。
イヤな予感通り、水の色が粘土色
大間ダム湖は底まで透けて見えるほど透明できれいな水で、水の中に含まれる微量の
微粒子が波長の長い光だけを反射してきれいな「青い水」に見えるので、この青く見える
「チンダル現象」からの名前らしい。


う~ん、残念

気を取り直して、写真真ん中あたりの階段(下に管理事務所がある)を下りて、その先の道を
下っていくと夢の吊り橋です。


10/20 夢の吊り橋への道

10/20 夢の吊り橋への道

10/20 夢の吊り橋への道

写真で見る感じよりは傾斜があり、舗装してあるのではなく細かい石なので、
脚がズリッと行かないように、ゆっくり歩きました。
それで痛めたら、その先歩けなくなりますからね。

平らなところを歩くのは大丈夫なのですが、階段や坂道では左膝に全体重は
掛けられないし、腰も万全ではないので、慎重に歩かないと痛みが出ます。

こんなんで、この計画は無謀か?

そんな私とは違って、少年魂の夫は逸る心でどんどん行き、吊り橋の入り口で
ジリジリしながら待っています(笑)

やっと着きました。
10/22 夢の吊り橋 

10/20 夢の吊り橋 

見たかったのは、こんなブルーの水の色でしたが
57706-JD4VVsBEmaPJLDgK73Qb_lrg.jpg
※どこかのサイトからお借りしました。

どうも水の色には縁が無い。
(山口の角島大橋、四万温泉の四万ブルーもダメだった

でも混み合う前(8時半ごろ)に着いたので、空いています

10/20 夢の吊り橋 橋の様子

では、渡りましょうか?いえ、渡りません、記念写真だけです(笑)
10/20 夢の吊り橋 渡るふり

実は吊り橋苦手です。
高所恐怖症だし、ゆらゆら揺れるのも怖くて心臓バクバクするし、脚がすくんで
進めなくなってしまいます。
この場所でもすでに少し揺れていて、怖がっている立ち方ですよね

だって足元、こんなですよ
10/20 夢の吊り橋 橋の様子

それに膝も腰も悪いから、対岸の急階段なんてとても無理。
私はハナから引き返す予定でした。

でも夫は嬉しくてワクワクしながらわたって行きました。
10/20 夢の吊り橋 雅之渡る


この後の風景は、私は見ていません。

吊り橋を渡ると先は急階段と書いてありましたが、
10/20 渡った先の急階段

階段というより岩場?
行かないで良かった、とても登れるわけがない。

登り切った展望台から吊り橋までの道を振り返って撮ってます。
10/20 対岸展望台から吊り橋までの道

こうして見ると、結構な急坂下ってます。
上の方の白いガードレールのところは舗装されているので歩き易いのですが、
その下の白い建物(ダムの管理事務所)の右横からの道は木で隠れて見えませんが、
舗装がなくなり、上の道より距離が短い分、急になってます。

引き返す私はひとり、この急坂を登って帰ります。

当然ですが、登りは下りよりはるかに大変で、次第に息が上がってきて胸が苦しい。
呼吸はどんどん苦しくなって来て、脚もガクガクしてきて力が入らない。
日が上がってきて、温度も上昇。

休むところは無いけれど、道の角(他の人の邪魔にならないところ)で、立ち止まり、
上着を脱いで、水を飲み、呼吸を整える(が整わない)
汗がとめどなく出て来て、頭から水をかぶったようになってきて、脱水症状なのか、
唇も渇いて来た。
でもこんなところで倒れるわけには行かない。

9時を回ったので、前からも(下って来る人)後ろからも(登って来る人)人が増えてきた
ので、邪魔にならないように所々で休みながら、最初に写真を載せた、階段のところまで
何とか戻れました。

後はゆるい坂になるので、安心したのかちょっと気が抜けて、少ししクラクラした感じも
してきたので、ダムの資材置き場の階段に座って休みました(やっと座れた)
休み過ぎても動けなくなるので5、6分で切り上げて、頑張って駐車場まで戻りました。

車の中で休んでいると10分するかしないかで夫も帰って来ました。
あちこちで写真を撮りながらコースを一周(4.4km)してきたのに、
およそ半分(2.9km)で帰って来た私とほとんど時間差が無い。
元々体力差はあるけれど、この違いには愕然とします

はあ、体力落ちた…脚の筋肉も、心肺機能もガタガタです。
膝のケガ以来、考えると10ヶ月以上、運動もウォーキングも何もしていないから、
筋力・体力落ちるばかり。
鍛えるより、衰える速度が速いのがよくわかる。

こんなじゃ、何処にも行けないし、何かあっても耐えられない。
本気で鍛えなおさなとダメだと痛感しました。


ランキングに参加しています。良かったらポチッとよろしく(^-^)/
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ

四万ブルーを見に行く

長いと思った10連休も、気が付けばあっという間に終わってしまいました。

旅行自体はあまり動き回らなかったにもかかわらず、思いのほか疲れてたし、
(夜あまり眠れなかったり、待ち疲れなどで)
他の予定は特になかったのに何かとせわしなくて…
(夫がいると、三食気にしないといけないし、自分ペースで動けない)

今頃やっと書けます。

今回の旅行は、ふとテレビで見かけた旅番組の「四万ブルー」がとってもきれいで、
ぜひ見たいと、急遽計画しました。

「四万ブルー」と言うのは、群馬県を流れる「四万川」の水の色の事。
なぜ、そんなきれいなブルーなのかというのは諸説あるらしいけれど、とにかく一度
見てみたい、と思って行ってきました。

「四万ブルー」は通年見られるようですが、特に雪解け水が流れる込む5月くらいまでが
一番きれいらしく、それも午前中がきれいだとのこと。
近いと言っても、4、5時間はかかるから初日の午前中は無理っぽいので、
近くに一泊して、翌朝行こうという計画です。

しかし初日は雨の予報だったので、朝もゆっくり目に出発して、まずは高崎にある
ラスクで有名なガトー・フェスタ・ハラダの本社工場見学に。

12時少し前に着いたのですが、すでにかなりの混雑ぶり。
まずは駐車場待ち15分。

この写真の建物が本社工場で、9名以下の個人の場合、予約なしで見学ができます。
4/30 ガトーフェスタハラダ本社工場(見学)

警備員の方の左後ろ側に列が出来ているのがわかりますか?
この列に並んで、約30分ほどでやっと順番が来ました。

工場自体は小さくて(多分見学用)、機械が並ぶ工場の脇が広めの通路になっていて、
ガラス張りで中が見えるようになっています。
自動音声案内を借りることはできますが、個人個人、自由見学です。
(工場内は撮影禁止なのでご紹介はできません)

エレベーターで3階に着くと、まずは見学した人しか食べられない、
半生?(完全に乾燥しきっていない)のラスクがもらえます。
そして、コーヒー類のサーバーがあって、これも自由に飲むことができます。

30分も待って脚(膝)が疲れたので、見学より先に、受付の時にもらったラスクと
見学者限定の半生?ラスクとコーヒーでまず一服です
4/30 半生?ラスクとコーヒー ガトーフェスタハラダ本社工場

工場見学はものの15分か20分で終了。
ここで1階に降りるエレベーター(15人乗りくらい)待ちがさらに15分くらい。
全部で1時間強と言ったところでしょうか。

次は、併設店舗にラスクを買いに行きます。
今は横浜にも常設店が出来たらしいけど、たまにデパートの食品売り場などで限定販売が
あるのみなので、目的の半分は買うことですからね。
4/30 ガトーフェスタハラダ本社工場併設店舗

しか~し、ここも並んでいます。
赤と青の旗の間が入り口なんですが、赤い旗の右側に行列。
周りの人の話では、買うまでに1時間かかると案内の人が言っていたと
ま、こういう時って、大目に言うから、もう少し早く買えるでしょうと思っていたんですが…
列は店の外だけでなく、入ってからも、折り返しに並んでいて、商品を選べる順番が来るのに
本当に1時間かかり、会計・受け渡しにさらに10分ほどかかりました

見学も商品購入も待ち時間の方が長く、1時間か1時間半程度の滞在を予定していたのに、
結局、3時間強もいました

昼食に群馬名物の日本の三大うどんとも言われる「水沢うどん」を伊香保まで行って
食べる予定だったのですが、すでに午後2時半を回っています。

移動に少なくとも1時間はかかるから、下手すると4時過ぎにお昼?
いやいやそんなに時刻にお昼を食べたのでは、夕食食べられないし、
ホテルに着くのが遅くなりすぎる

というので、初日の水沢うどんは諦めて、ホテル方面にある道の駅で食べることにしました。

関東で5年連続1位という道の駅 田園プラザかわばに行きました。
広くて、なかなかいい感じですが…雨です
4/30 道の駅 田園プラザ川場
4/30 道の駅 田園プラザ川場
4/30 道の駅 田園プラザ川場
しかし、3時を過ぎてしまいましたので、急がないと食べ損なう(道の駅は
4時までというところも多いので)
でもここは飲食の店多く、5時や6時頃までやっている模様。

水沢うどんは食べそこなったので、やっぱりうどんかな?
カレーうどんと
4/30 昼食 カレーうどん  道の駅川場
※牛乳が入っていてまろやかで、うどんもつるつるで美味しかった。

群馬と言えばおきりこみ(スマホのエモパーがしきりと言う(笑))らしいので、
おきりこみを。
4/30 昼食 おきりこみ 道の駅川場
4/30 昼食 おきりこみ 道の駅川場
平べったくて、ひもかわうどんの5倍以上?
伊豆のペラペラうどんみたいです。
(伊豆とは限らず、各地にあるらしい…私の知ってるのが伊豆のです)
野菜や山菜がたっぷりで、こちらも美味しかった。

結局、食べたのは午後3時半。
その後しばらく道の駅の中を見て歩き、ホテルへ。

到着したのは午後5時過ぎ。
いつもに比べたら、断然早いのですが(いつもは6時から7時頃)、
なのに、一番遅い8時から9時半の夕飯しか空いていませんでした。
雨だから、他の方もチェックイン早かったようです。
ま、昼も遅かったし、普段もそんな時刻が夕飯ですからいいですけどね。

部屋に入ると、驚きのベッド4つ
4/30 ホテルの部屋  源泉湯の宿千の谷 猿ヶ京温泉

ファミリー層が多いのでしょうか。
広くて良かったです。

いつも、着いてすぐ食事という感じなのですが、夕食まで3時間もあるので、
先にお風呂に行きました。
といっても温泉、好きじゃないので(湯あたりしやすい?)
普段通りササっと入るだけですけどね。

やっと食事の時間がきましたが、あまりお腹空いていない。
バイキング形式なので、まあそこそこ食べましょう。
4/30 夕食バイキング  源泉湯の宿 千の谷
和洋中で、料理内容なかなか良く、少しずつ取ってきました。

4/30 夕食バイキング  源泉湯の宿 千の谷
夫が食べてたシチューが気になって…2回目
それからデザートもね(空の容器はアイスを少し…食べ終わってますが
4/30 夕食バイキング  源泉湯の宿 千の谷

夕食後は眠気が来るが、年号が変わる日なので特別番組をやっているし、
カウントダウンも始まり、眠いのをこらえて0時を少し過ぎるくらいに就寝。

しかし、朝4時半に目覚めてしまい、あと眠れず。
温泉で暖まりすぎると、途中暑くなって、眠れないこと多し。
早めに入ったので、寝るころには冷めているだろうと思ったのに、いつもと変わらず

朝食は6時半から。
そんな早く、だれが行くんだ?なんて思っていたのに、結局5時半には起きてしまったので、
その時刻に行きました

あまりお腹空いてない。
前夜、パンは大したことなかったので、主食は玄米フレークに、サラダ、スープ、
その他おかずを少しずつ。
5/1 朝食バイキング  源泉湯の宿 千の谷

ヨーグルトとフルーツとコーヒー
5/1 朝食バイキング  源泉湯の宿 千の谷

さて、食事も早かったので8時過ぎに出発。
前夜、食事の時に外が良く見える窓際の席だったのですが、ザーザー降り
一応、雨は止んでいるものの、微妙な天気。
でもひと山越えるし、予報では曇り、雨の確立も低い。

到着しました、奥四万湖(四万川ダム)
5/1 四万川ダム

天気は曇りです。
ベストではないものの、普通とは違うブルーです。
5/1 四万川ダム
5/1 四万川ダム

5/1 四万川ダム
5/1 四万川ダム
5/1 四万川ダム
5/1 四万川ダム

ダムの下の方に公園があるので行ってみました。
5/1 四万川ダム
雨の後のせいでしょうか放水されている水量が凄い。

水は透き通っていて、深みのところでしょうか、やはり緑がかったブルーです。
5/1 四万ダム  四万川の流れ

山の中なので、気温は少し低めで、まだ桜が満開です。
5/1 四万ダム 公園の桜

一瞬、明るくなってきて晴れ間も出るか?と思ったのですが、パラっと降ってきたりして、
天気はやはり下り坂のようです。
ここから、四万川に沿って下っていきます。

ほど近くの四万温泉に「千と千尋の神隠し」のモデルになったという「積善館」があります。
5/1 四万温泉 積善館

建物は古いのですが、現在も経営されていて、宿泊客がいっぱいでした。
5/1 四万温泉 積善館

四万温泉の横を流れる四万川(というより四万川沿いに温泉があるのですけどね)
5/1 四万温泉 四万川の流れ

駐車場に戻るのに歩いていると、どこからともなくいい香り。
群馬名物(焼いているおばあちゃんが言ってた)焼きまんじゅう
5/1 焼きまんじゅう 四万温泉
大きいのですが、餅系ではなく、蒸し饅頭です。
肉まんの皮みたいなフカフカので、みそだれが付いています。
2人で食べましたが、割と軽くて、サクッと行けました。

さらに川沿いに下っていきますと、「桃太郎の滝」です。
5/1 桃太郎の滝  四万川

ミントグリーンがかった、きれいなブルー。
5/1 桃太郎の滝  四万川

付近の川も同じ色です。
5/1 桃太郎の滝付近の四万川

さらに下って、甌穴群のあるあたり。
ここも桜が咲いています。
5/1 四万川 甌穴群付近
真ん中は「キセキ」というカフェなんですが、連休の中でも平日に近いこの日(5/1)は
お休みのようです。

甌穴というのは…
5/1 四万川 甌穴の説明看板


しかし、前日雨がかなり降ったようで水量が凄い(ダムも放流されているし)
5/1 四万川 甌穴群付近

上から見ても水が多くて、あのあたりがそうなのか?程度で、ほとんどわかりませんでした。
5/1 四万川 甌穴群付近

この辺りから、雨が降り始めました。

さらに下って中之条ダムに来たのですが…
5/1 中之条ダム
雨が本降りになってきたので、水の色はブルーではなくなってしまいました
ボートに乗っていた人たちも急いで引き上げてきました。

脇の方に少しだけブルーの名残が…
5/1 中之条ダム

天気が良くなくて、本当の四万ブルーには出会えませんでした。
説明もいい加減で、本来の四万ブルーの魅力を伝えられていませんので、
それが良くわかる、四万温泉の方のブログを貼っておきますね。

四万ブルー……奇跡の「青」

さて、ここから初日のリベンジ、水沢うどんを食べに行きます。
が、雨は本降り、渋滞気味になり、伊香保温泉に近づくにつれ渋滞も本格化。
「水沢うどん街道」なるあたりに来ると大渋滞

12時には着くと思ったのに一番広い駐車場に停められたのが1時半すぎ。
しかしその店は大混雑で外まで人があふれているし、駐車場の車の中でも待っている。

仕方ない、別な店を探すことにしたけど、無くなり次第終了なのか終わっている店も数軒。
ちょっと焦りも感じながら、やや待ち人少な目のところを見つけて、順番待ちの紙に名前を書く。
混んでいてその場で確認できず、10分ほどして見に行くと14番目でした。

午後2時少し前に並び始めて、約40分で席に案内、うどんが出てくるまでさらに40分。
あまりに待ちすぎて、お腹も空きすぎて、来るなり食べ始めてしまい、
写真を撮ってなかったことを、食べ終わる寸前に気が付き…
5/1 天ざる  伊香保温泉水沢うどん  
ほぼ残骸です
頼んだのは天ざるで、天ぷらは舞茸とかぼちゃとタラの芽でした。

待ちに待ち、出てきたらものの5分で食べ終わり。
まずまずの味だったとは思うのですが、あまりに待ちすぎて、ハードルが上がってしまい、
これが日本の三大うどん「水沢うどんなのか?」という気持ちが残りました。
(稲庭うどんと讃岐うどんは美味しかったと満足できたのに…

車を停めた老舗で食べるべきだったかと、ちょっと後悔。
(ここも操業100年らしいけど)

今回の四万ブルー水沢うどんもパーフェクトではなく、
心が残りました

近いから元々日帰り可能な場所。
で、明日は絶対晴れ、という日にリベンジしよう、ということになりました

長々最後まで読んでいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。良かったらポチッとよろしく (^-^)/
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ




13年目に突入しました~♪


いらっしゃいませ
カレンダー
  (月別アーカイブ)
最近の記事+コメント
お友達リンク♪
お友達募集中~♪
ダイエッター、食いしん坊、
同年代etc 但し、交流の無い
方や、宣伝目的の方はお断り
します。
姪の本です ヨロシク(^^)
7冊目 新発売♪
「かんたん!かわいい!まほうの
 スイーツデコ:親子でつくる、
 はじめてつくる、ねん土や
 レジンの小物たち」

かんたん!かわいい! まほうのスイーツデコ: 親子でつくる、はじめてつくる、ねん土やレジンの小物たち</a> 
</a></td><td style=
(2012.12.04)山田 けい
商品詳細を見る


 6冊目 新発売♪
 「お菓子デコ★リアル」

山田けいのお菓子デコ★リアル</a>
</a></td><td style=
(2012.10.26)山田 けい
商品詳細を見る

 
ブログ内検索
RSSフィード
Powered By FC2

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

プロフィール

マリラ

Author:マリラ
いつのまにか60代も半ば過ぎた
専業主婦です。

神奈川県在住
B型の牡牛座 
夫と二人暮らし
旅行や美味しい物が大好き♪
おかげで太っちょに
なっちゃった(・_・;)

13年前一念発起でダイエット!
7ヶ月で目標(58kg)達成♪
72kg→57.7kg(-14.3kg)
更に達成後約4ヶ月で
最少記録55.2kgを更新♪♪
(-16.8kg)

しかし、
じりじりリバウンド(>_<)
現在、9~10kgの
リバウンド状態。

今度こそと(一体、何度目?)
の再々…チャレンジ中(^_^;)

いわゆる、よくある
万年ダイエッター(*^^*)
ですが、本人至って本気です(^^♪

カテゴリー
ダイエット経過
クリック募金
1クリックでスポンサー企業が1円募金します。

ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる