fc2ブログ

ぐうたら主婦のきままな日々

 いつのまにか70代に突入…でも健康で楽しく過ごしたい…そんな気ままな日々を綴ります

Top Page » Next
2022-09-28 (Wed)

夏旅行⑥  最終日(3日目)和歌山

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、陽が出ているとそこそこ暑くはなりますが、朝晩は涼しく、すっかり秋めいてきました。ダラダラと夏の旅行記を書いているのもなんですが、尻切れトンんぼもイヤなので、最終日の記録を書きます。お付き合いいただけると嬉しいです。最終日は南紀・白浜の少し上のみなべのリゾートホテルから、北上して和歌山市に向かいます。1泊目は駅近いビジネスホテルタイプのこじんまりしたホテル...

… 続きを読む

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、陽が出ているとそこそこ暑くはなりますが、
朝晩は涼しく、すっかり秋めいてきました。

ダラダラと夏の旅行記を書いているのもなんですが、尻切れトンんぼもイヤなので、
最終日の記録を書きます。
お付き合いいただけると嬉しいです。


最終日は南紀・白浜の少し上のみなべのリゾートホテルから、北上して和歌山市に向かいます。

1泊目は駅近いビジネスホテルタイプのこじんまりしたホテルでしたが、
2泊目は大きなリゾートホテルでした。
部屋は9階なので(高所恐怖症なのでそのことは忘れるようにしてました)、外の様子は
ほぼ無音で分かりませんでしたが、朝起きて窓から外を眺めると…
8/18 ホテル部屋からの眺め   みなべリゾートホテル

空はどんより、下の浜辺の砂は濡れている様に見えます…雨かな?

すぐ下を見るとプールや遊べる施設、散歩できる道などが見えますが、
人気(ひとけ)がありません。
8/18 ホテル部屋から下の眺め   みなべリゾートホテル

ハッキリとは見えませんが小雨が降っている模様…ついに雨女の呪いか
仕方ない、二日間晴れてたから良しとしよう…雨なら雨でのんびり行こう。

朝ご飯(バイキング形式)
8/18 朝食バイキング   みなべリゾートホテル 8/18 朝食バイキング   みなべリゾートホテル

私は(左)大して変わり映えないチョイス…でもみなべ町は南高梅の産地らしいので
トレイの外の右上に南高梅のおにぎり一つ追加。
夫は(右)何種類かあったお茶漬けやおそば?など…
ほおっておくと野菜(サラダなど)持ってこない(こどもかっ

ホテルをチェックアウトする頃には雨はほんの霧雨程度で傘が要らないくらい。
本当は白浜に泊りたかったけど予約取れず(関西からの海水浴客多いらしい)、白浜の白い砂が
見たかったので少し戻りました。
8/18 白浜の眺め    南紀・白浜 8/18 白浜海水浴場    南紀・白浜

どんよりしてますが、雨は上がったようで海水浴客が出ています。
期待通り、関東では見られない真っ白な砂で綺麗でした

次に向かうのは今回の旅行を思いつくきっかけになった場所で、今年1月に観た
「コンフィデンスマン英雄編」のロケ地(イタリア・マルタ島の設定)となった、
和歌山マリーナシティにあるポルトヨーロッパです。

8/18 和歌山マリーナシティ   和歌山

ここは関西から近いせいか思いのほか混んでいて、ポルタヨーロッパの駐車場は長蛇の列
周辺を探して、すぐ入れた黒潮温泉の駐車場に停めました(地図の右上)
ポルトヨーロッパの駐車場に停められなかったので正面から入れず、ポルトヨーロッパの後ろ側
から入り、最初に行ったのは黒潮市場
8/18 黒潮市場    和歌山マリーナシティ

8/18 黒潮市場入り口  和歌山マリーナシティ 8/18 黒潮市場 中  和歌山マリーナシティ

和歌山のお土産や海産物、バーベキュー併設なのでその材料や、海鮮丼などが売っていて、
昼食時に到着したので、大混雑。
とりあえずトイレだけ借りて、ポルトヨーロッパへ。
(写真の空を見ると分かりますが、天気はすっかり回復して快晴でした

では、目的のヨーロッパ風の建物を見て回ります。

お城の様な建物です。
8/18 お城の様な建物   ポルトヨーロッパ 8/18 お城横の通路から   ポルトヨーロッパ

でも…反対側は
8/18 お城の反対側はアトラクション  ポルトヨーロッパ

スプラッシュマウンテンみたいなアトラクションでした。
8/18 スプラッシュマウンテンもどき  ポルトヨーロッパ 8/18 スプラッシュマウンテン? ポルトヨーロッパ

写真(右)で分かるように、ポルトヨーロッパの半分は遊園地です。

正面にある噴水広場(左:正面入り口から 右:その反対、正面入り口に向かって)
8/18 正面の噴水広場  ポルヨーロッパ 8/18 正面の噴水広場  ポルヨーロッパ

でも実は…
8/18 正面の噴水広場  ポルヨーロッパ

人がいっぱいで、建物内はアトラクションだったりして、看板があったりで雰囲気はちょっと…
遊園地だからしょうがないか。

少し疲れたので、紀伊国屋フルーツ村の中にある
紀伊国屋フルーツ村 p_title
くろさわ牧場ソフトクリーム売り場p_kurosawa フルーツ村シトラスキッチンp_citrus

くろさわ牧場のソフトクリームと     桃ジュースで
8/18 くろさわ牧場のソフトクリーム  紀伊国屋フルーツ村   8/18 桃シャーベット  紀伊国屋フルーツ村

ひと休み

引き続き街の建物…
8/18 町の建物  ポルヨーロッパ

8/18 町の建物  ポルヨーロッパ


8/18 町の建物  ポルヨーロッパ 8/18 町の建物  ポルヨーロッパ

この辺りは映画でも使われてて、観た時ホントに海外だと思っていました

この後黒潮市場に寄って、食事はせずにお土産を少し買って、最後にマリーナのヨットと
ホテル(黄色い建物 花火があったら泊まりたかったが15日までだった)も観て、
次の目的地に向かいました。
8/18 和歌山マリーナ   和歌山マリーナシティ

次の目的地は和歌山城です。
でもその前、和歌山駅前で…
DSC_22080688.jpg

「和歌山ラーメン」を食べました
和歌山ラーメンは「井出商店」が有名らしいのですが、行った日は定休日
探す時間も無いので分かり易い近鉄百貨店の地下にある「清乃」という店にしました。
これ、本当に美味しかった…豚骨なんだけどさっぱりしているというか…

私が前日の疲れを引きずっているので、予定の時刻はかなり押し気味(2~3時間遅れ)なので
直ぐに和歌山城へ。
地図で見て、お城に一番近い駐車場に入れてお城に向かう道に行くと
8/18 和歌山城 新裏坂    和歌山城

新裏坂という石段の道でした写真の赤い矢印のところに
「この道は坂がきついので、お足元に不安のある方は表坂をおすすめします」と
書いてあり、間違いなく足元に不安がある私は夫と別れて表坂へ。
しかし表坂へはかなり距離があり表坂に行くまでに5分以上

さらに表坂は坂が緩い分距離があり、どっちが良かったのか?と思うほど。
しびれを切らした夫が途中まで迎えに来ました。
夫は5分位で登り切ったようですが、私は20分近く遅れて、25分かかりました

8/18 和歌山城

和歌山城は連立式天守で、この形の天守は初めて見ました。

入場料を払って中に入りました。
IMG_22081363.jpg

昭和20年に大空襲で焼失して、昭和33年に再建されたようです。
外観はそのままですが、中は梯子段のような階段ではなく、手すりもある普通の階段で
足腰悪い私でも比較的登り易かったです。

お城の中から街を見るとかなりの高さです。
IMG_22081384.jpg
                 (右)西の丸と二の丸を行き来するお橋廊下が見えます
IMG_22081389.jpg IMG_22081390.jpg

登ったら帰りは降りるのが当然、下りの階段が…
IMG_22081398.jpg

珍しいお橋廊下に行くために、二の丸庭園に…天守閣が見える、高い
DSC_22080694.jpg

でも…
DSC_22080268.jpg

お橋廊下は午後5時までだったので、間に合わず
お城は夏の期間ナイター営業で午後7時までと入り口に書いてあったので、
お橋廊下も同じだろうと、二の丸庭園で休憩してから行ったら午後5時半過ぎてて、
入り口は閉まってました

まだ明るいですがすでに午後6時近いので、ここを最後に帰途に着きました。
事前にドラぷらで調べたら、約5時間半~6時間くらいだったので、渋滞があったとしても
2~3時間くらいの遅れで、遅くとも1~2時くらいには着けるだろうと。

しかし大きな誤算と思い違いが。
お盆休みが明けたから空いているのではという読みは大きく外れて、ネクスコ東日本が
お盆明けから東名集中工事に入っていて、あちこちで車線規制で渋滞してる。

思い違いは、和歌山からは奈良や三重を経由して名古屋あたりに出れると思っていた事。
地図で言うと多少の迂回はあっても直接東側に抜けられるのかと。
でも実際は和歌山からは大阪、京都、滋賀をぐるっと回って、三重から愛知を経て、
やっと東名に入れる。
高速が完全につながってないので、ナビやグーグルで検索しても前述のルートしか出てこない
さらに夕方出たため、帰宅ラッシュもあり、ずっと断続渋滞。

愛知に入ったら名古屋めしの夕飯食べようかと言っていたけど、午後9時過ぎても
愛知はまだ遠くて、滋賀のサービスエリア(24時間営業)で何とか夕食にありついた。

私は食欲あまりなくうどんを。      夫はカツ定食
DSC_22080269.jpg DSC_22080695.jpg

そこからもスムーズに行けたり渋滞したりで、1人運転の夫の疲れが気になる
午前1時を過ぎた頃から、集中力も落ちてる気がするし睡魔も来そうで怖い
浜松SA(遅くても11時~12時に着くかと思ったが1時50分)で仮眠をとることにした。

仮眠と言っても私は外の音とかが気になって眠れない質なので、眼を閉じているだけ。
一方夫はどこでもすぐ眠れる質なので直にいびきをかいて眠った
それでもそう長くは眠れなくて40分ほどで目覚め、ガソリンを入れて再出発!

あちこちで車線規制があって渋滞し、その箇所を抜けるのに時間が掛かっていたけれど、
再出発後は、その渋滞が徐々に解消されつつあって、大分スムーズに走れるようになった。

が、なんと夜が明けてきた…朝焼けが綺麗 多分初めて見るかも
DSC_22080270-2.jpg

この時午前5時少し前。
結局家には午前6時半ごろ着いた…こんな遅く(早く?)着いたのは初めて
ああ、疲れた

雨の恐怖におびえながら、開けてみれば夜は降られても日中は3日間晴れて、予定していた
ところは全て回れたし、疲れたけれどとても楽しい旅行になりました

そういえば、那智大社のおみくじの旅行のところに吉だけど、帰り要注意!と書いてありました。
やはり帰りは渋滞続きで予定の倍の時間が掛かったから当たったのかも。
でも、今迄の経験ではこれだけ長距離(825km位)になり、渋滞が続くと、何かしら事故も
起こって更に渋滞する事が多いのだけど、不思議な事に1件も事故が無かった。
おみくじ、結び付けて来たのでご利益があったのかな…

これで、ダラダラ書いてきたこの夏の旅行記は終わりです。
長々お付き合いくださいましてありがとうございました。


ランキングに参加しています。良かったらポチッとよろしく(^-^)/
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
スポンサーサイト



2022-09-19 (Mon)

夏旅行⑤  世界遺産・熊野那智大社  

本日は台風14号の影響で朝から雨が強く降ったり、風も少し強くなってきていますが、時折陽もさしたりして、目まぐるしく天気が変わっています。降ったり照ったりで、蒸し暑くてクーラー無しではいられない状況です。台風が上陸したり通過中や今後通過する予定の地域に大きな被害が出ない事を願っています。こんな中での夏旅行記は、やや興ざめではありますが、備忘録でもあるので最後まで書きたいと思います。熊野古道を登り切っ...

… 続きを読む

本日は台風14号の影響で朝から雨が強く降ったり、風も少し強くなってきていますが、
時折陽もさしたりして、目まぐるしく天気が変わっています。
降ったり照ったりで、蒸し暑くてクーラー無しではいられない状況です。
台風が上陸したり通過中や今後通過する予定の地域に大きな被害が出ない事を願っています。

こんな中での夏旅行記は、やや興ざめではありますが、備忘録でもあるので最後まで
書きたいと思います。

熊野古道を登り切った後からの続きです。

那智山駐車場に着いてバス停のベンチで少し休み、時間も無いのですぐ那智大社へ向かいます。

バス停のベンチから3分位で参道入り口に着きました。
8/17 熊野那智大社参道の階段

那智大社への参道はほとんど階段で、なんと467段もあります。
ざっと下調べしたとき10~15分位と書かれていたのですが、階段が鬼門の私にとって
恐らく倍はかかるだろうと想定。

無理して膝や腰をグキッとかガクッとかやってしまうと、その場所から動けなくなるので、
大門坂同様、慎重にマイペースで手すりにつかまりながらゆっくり登りました。
なので普通に登る人よりかなり遅くて、上で待ちくたびれた?夫が(青い↓)待っていました
8/17 熊野那智大社参道の階段

ゆっくりペースですが、ひたすら休むことなく登っていくと茶店がありました。
その敷地内に大きな木と「実方院跡」という説明書きが。
8/17 熊野那智大社参道の茶屋(実相院跡)

説明書きには
「実方院跡 和歌山県指定史跡 中世行幸啓(ぎょうこうけい)御泊所跡
 熊野御幸は百十余度も行われ、ここはその参拝された上皇や法皇の御宿所となった実方院の跡」
と書かれているようです。
(ゆっくりですが、脚を止めず脇目もふらず通過したので、その時は読んでいません

長い長い階段の先にやっと鳥居が見えてきました。
8/17 参道から見える一の鳥居  熊野那智大社

鳥居の足元に「世界遺産」の銘がありましたが…
8/17 一の鳥居と世界遺産の銘  熊野那智大社

ここは一の鳥居で、熊野那智大社はまだ先でした(青い↓がそうです)
8/17 一の鳥居から見える那智大社

一瞬ガックリしましたがここさえ登れば、とまた登ります。
8/17 一の鳥居からの階段  熊野那智大社

登り切ったのですが、更にまだ上でした
8/17 二の鳥居   熊野那智大社

さすがに_| ̄|○ めげて、この階段の前にあったベンチで少し休みました。

そして最後の階段を上ってやっと熊野那智大社に着きました
8/17 熊野那智大社 本殿

参道を登り始めて約30分、想定通りの時間でなんとか登り切れました

お詣りをして、一番の目的でもあるお守りを買って…
8/17 お守りを買う   熊野那智大社

買ったお守りは
8/17 やたがらす守りawarded_06 那智熊野大社 8/17 厄除けimg_awarded_ichiran_08  熊野那智大社 8/17 烏みくじimg_awarded_ichiran_21  熊野那智大社

大甥二人にやたがらす守り、姪、妹夫婦に厄除け(病気平癒が売り切れて無かったので)
そして形が可愛いので烏みくじも。

そこで力尽きて、休憩スペースのベンチに座ってしみじみ景色を眺めてました。
8/17 休憩所からの眺め  熊野那智大社

登って来た階段も見えます。
その間、夫は境内を見て回ってたようで

宝物殿
8/17 宝物殿   熊野那智大社

御縣彦神社(みあがたひこじんじゃ)
8/17 御縣彦神社   熊野那智大社

熊野の神様のお使い、八咫烏(やたがらす)を祀っています。

八咫烏像
8/17 八咫烏像  熊野那智大社

八咫烏は熊野の神様のお使いで、より良い方向へ導く、導きの神様だそうです。
日本サッカー協会のエンブレムに用いられて有名になりましたね(私もそれで知りました)
なんでも、日本にサッカーを普及した「中村覚之助」氏の出身地が那智熊野であるため、
敬意を表して那智大社の八咫烏を日本サッカーのシンボルマークにしたとか。
ボールをゴールへ導いてくれる、勝利に導いてくれる、という願いが込められているそうですよ。

最後におみくじを引いて…中吉で、旅行のところに吉、ただし帰りに注意と書いてあったので
境内のおみくじを結ぶところに結んできました(これが後に御利益かということに…か?)

次に隣にある青岸渡寺に行きましたが、
8/17 青岸渡寺    熊野那智大社

階段を見てもう無理と、お参りは省略しました

青岸渡寺からすぐの三重塔と那智の滝が見えるベストスポット
8/17 三重塔と那智の滝    青岸渡寺あたりから

髪も着ているシャツも、首に巻いているガーゼのタオルも汗でびしょぬれです

滝がもう少し近く見える三重塔まで下るのに、またも階段だったので遠回りですが
迂回していきました。

夫が階段の途中で撮った三重塔と那智の滝
8/17 三重塔と那智の滝

三重塔から那智の滝まで行けるのですが、私の足が限界なのでここまでで諦めました。

なるべく坂で降りようとしたのですが、時間も無くて(バスの)仕方なく、途中から
登って来た参道を急いで降りて何とか帰りのバスに間に合い、車を停めてある大門駐車場まで
戻れました(バスだと10分くらいでした

この日の宿泊は白浜の少し先のみなべ町のホテルで、高速が無く海沿いの普通道を行くので、
チェックイン時刻に間に合うかどうか?とにかく向かいます。

途中、串本の橋杭岩に寄りまして、ここでホテルに少し遅れる電話を入れました。
8/17 橋杭岩   紀伊半島串本

夕食時刻(19:00)少し前にチェックイン出来ました。
汗まみれなのでシャワーを浴びたいのはやまやまでしたが、時間が無いのですぐに夕食です。

バイキング形式で私は
8/17 夕食 バイキング   みなべリゾートホテル

夫は
8/17 夕食 バイキング 雅   みなべリゾートホテル

スィーツも
8/17 夕食 デザート 雅   みなべリゾートホテル

私もあとでアイスクリームとゼリー、自家製らしく美味しいという夫の情報から
シュークリーム1つとコーヒーを追加。

この後、大浴場で汗を流して、脚や膝や腰にフェルビナク配合のゲルを塗りたくって
眠りにつきました。

長々、お付き合いありがとうございました。
3日目もまだ続きます。


ランキングに参加しています。良かったらポチッとよろしく(^-^)/
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
みどり33さんへ * by マリラ
こんばんは。
コメントありがとうございます。

私の場合、膝と腰が悪いのとコロナ以降あまり出かけることなくて、
完全な運動不足で体力低下していたために、こんなことになりました。
でも少しでも体力が落ちないうちに行かれた方が良いかもです。

それと、午後に行ったので駐車場や2町にある無料で貸し出される
杖が一本も無かったのですが、杖があると全然違うと思いますよ。
季節は暑くも寒くもない、秋だと紅葉もきれいだと思いますよ。

No Subject * by みどり33
こんにちは。

近県なのに和歌山は高野山しか
行ったことがないのです。
世界遺産の熊野大社は
ちょっとでも若いうちに行ったほうがいいですね、こんなに階段が多いなら。
カラスのおみくじがとってもかわいいですね。

Comment-close▲

2022-09-15 (Thu)

夏旅行④  那智勝浦~世界遺産・熊野古道  ~疲労困憊(+_+)

夏旅行③から少し日にちが経ってしまいましたが、続きを書きます。2日目の朝、前夜の雨は上がっていましたけどまだ降るかもしれないという空模様。それでも、とにかく予定通り熊野へ向かうことにしました。高速道路が途中までしかないので、3時間以上かかるかもしれないけどとにかく向かう。途中コンビニで飲み物を買ったり、給油したり、2か所ほどトイレ休憩も兼ねて寄り道しながらでしたが、道は空いていたので予定通りお昼に...

… 続きを読む

夏旅行③から少し日にちが経ってしまいましたが、続きを書きます。

2日目の朝、前夜の雨は上がっていましたけどまだ降るかもしれないという空模様。
それでも、とにかく予定通り熊野へ向かうことにしました。

高速道路が途中までしかないので、3時間以上かかるかもしれないけどとにかく向かう。
途中コンビニで飲み物を買ったり、給油したり、2か所ほどトイレ休憩も兼ねて寄り道しながら
でしたが、道は空いていたので予定通りお昼には熊野の入り口、那智勝浦に着きました。

那智勝浦漁港
8/17 那智勝浦港    和歌山

心配していた天気はなんと快晴
昨夜、雨だったらどうしようか?と眠れないほど悩んだのは何だったのか?という感じです
とにかく晴れたので、寝不足ながら気分はスッキリ

さて那智勝浦と言えば、近海で獲れる生マグロが有名です。
一応リサーチしておいたのですが、ここでもお盆休み明けに休んでいる店があって、
営業している店には行列している店もある。

時間がもったいないので、ここでもすぐ入れるところを探して、カウンター席なら空いている
という店を見つけて入りました。
その後は次々と人が来て外で並んでいましたから、タッチの差で入れてラッキーでした

注文したのは上マグロ丼(1500円)
8/17 昼食 上マグロ丼    那智勝浦・桂城  

トロ、赤身、炙りなど色々な部位が乗っていて、味噌汁はマグロのつみれ汁でした。

マグロ定食(1600円)
8/17 昼食 マグロ定食  那智勝浦・桂城

そぼろ煮、刺身、カツ、冷やしちゃんぽん(霜降りしたマグロ入り)にご飯、味噌汁、漬物。
こちらも味噌汁はマグロのつみれ汁でした。

両方とも、新鮮で安くて美味しく大満足でした

さて、腹ごしらえも終わったので本日のメイン、世界遺産の熊野古道、那智熊野大社に
向かいます。

20分ほどで大門坂駐車場に到着。
8/17 大門駐車場   熊野古道

ここに車を停めて、熊野古道から那智大社に行きます。
またも家でプリントしてきたイラストマップです。
8/17 那智山周辺イラストマップ   熊野古道

計画を立てた時は冷静に自分の脚力では全部徒歩で登るのは無理と思っていたのですが、
思いのほかの好天気に気分で、このイラストマップを見て(原寸大の地図ではないのに)
行けそうと思い始めてました

駐車場から歩き始めて(まだ緩いですが坂です)5、6分で入り口の石碑に着きました。
8/17 大門坂入り口   熊野古道

しばらく民家が続き、正面の階段の先が熊野古道です。
8/17 熊野古道入り口    熊野古道

熊野古道の入り口手前に大門茶屋があります。

大門茶屋の看板と鏡石
8/17 大門茶屋、鏡石   熊野古道 8/17 大門茶屋   熊野古道

茶屋と言っても、飲食の茶屋ではなくて、平安衣装のレンタルの店です。

この鳥居をくぐって赤い橋(振ヶ瀬橋・ふりがせばし)を渡ると熊野古道になります。
8/17 鳥居と振ヶ瀬橋    熊野古道

この橋が俗界と霊界の境の橋だそうです。

橋の手前に那智山周辺案内図がありました。
8/17 那智山周辺案内図   熊野古道

この地図も実寸大ではないのですが、ここから那智大社までは1.2kmと書いてあります。
事前にネットで調べた情報でも
大門坂駐車場~熊野那智大社(約1時間コース)
 ・大門坂駐車場
  ↓(0.2km;3分)
・大門坂入口
  ↓(0.4km;7分)
・多富気王子
  ↓(0.5km;15分)
・那智山駐車場
  ↓(0.4km;10分)
・熊野那智大社
・那智山青岸渡寺

※なおこの所要時間には休憩時間・見学時間・参拝時間などは含んでおりません。

大門坂駐車場~熊野那智大社(1時間コース)/み熊野ねっとから一部を引用

この情報をを参考にすると、まずは那智山駐車場まで石畳の古道は約0.9kmで25分。
休憩を15分入れたとしても40分くらいで行けるのではと。

いよいよ熊野古道、登っていきます。
8/17 熊野古道石畳の道に入る  熊野古道 8/17 石畳の道にいきなり躓く  熊野古道

いきなり躓いて転びそうになりました(右の写真)
石畳でデコデコしてますからね、うっかりすると足を取られたりグキッとなったりしそうですから
慎重に登らなけば。

樹齢800年の夫婦杉
8/17 夫婦杉  熊野古道 8/17 夫婦杉   熊野古道

ここまでは順調で、標準的な時間で来ました。
最初の計画では熊野古道は夫婦杉まで。
ここから駐車場まで引き返して駐車場に戻って車で那智山の駐車場まで行こうと考えてました。
でも元気な夫は登る気満々だし、天気は予想外に晴れているし、
標準よりは時間がかかるだろうけど、何とか行けるだろうという見込みでGO!

この辺りまでは、傾斜もきつくなく、大丈夫そうでしたからね。
8/17 石畳の道   熊野古道

少し先へ行くと「多富気王子跡」(たふけおうじあと)がありました。
8/17 多富気王子跡  熊野古道

案内板には 
熊野参詣記道中辺路にある最後の王子社です。おそらく峠の神仏に「手向け(たむけ)」をした
場所で、それがいつしか王子と呼ばれるようになったと思われます……
江戸時代には社殿がありましたが、明治十年に熊野夫須美(ふすみ)神社(現・熊野那智大社)の
境内に移され、跡地だけとなりました。
と書いてあります。

未だ15、6分程の場所なんですが、実のところすでに相当疲れてます
石畳の道は筋力の乏しい足にはかなりのダメージだし、ここ2年あまり歩いていないせいで、
心肺も衰えてて、息が上がって苦しい…ここの石にもたれて少し休みました

樹齢800年の大楠
8/17 樹齢800年の大楠   熊野古道 8/17 樹齢800年の大楠   熊野古道

後ろから来た若いカップルは軽快に登っていき、またたく間に追い越されました
8/17 後ろから来たカップルに抜かれる  熊野古道

木が大きいので、日陰になってるのがせめてもの救いですが、左膝が悪いので、
右足から1段ずつしか登れず、遅いし、右足への負荷が大きくて疲労が増していく。
先は長い、ゆっくりのマイペースでひたすら登るしかない。
8/17 ひたすら登る   熊野古道 8/17 先は長い   熊野古道

途中、道路に面している箇所に案内板がありました。(道路に下りられる場所でバス停もある)
8/17 二町塚   熊野古道

後で知ったのですが、古道には一町(60間=109m)毎に石の塚があったようで、
この場所には写真をよく見たら二町の石の塚がありました(まったく気づかず
那智山駐車場が七町なので、まだ3分の1以下ですが、すでにヘロヘロです

ここの少し上で休んでいるときに、上から70代と思しきご夫婦が降りて来て、
ここは未だ三町で、この直ぐ上の四町が丁度真ん中ですよ、と教えてくれました。
まだまだありますけど、頑張って苦労して登れば、きっと御利益がありますよと、
励ましてくれました。

はぁ~まだ半分も行ってないのかとがっくりしましたが、私より年上みたいな方
だったので私も頑張らねばと思い、上まで登るぞーと気合を入れました。

建前はそうですが、内心は今更戻る訳にも行かない(私にとって下りの階段は✖)
行くも地獄戻るも地獄状態で、登るしか選択肢はありませんでした

観念して登りましたが、半分を過ぎる頃には上げた足がプルプル震えてくる始末。
つかまるところも杖も無いので、最後の方は夫の腕につかまりながら登りました。

なんとか、大門(石畳の道の終点)に着きました。
8/17 大門坂の案内看板  熊野古道

大門坂の説明が書かれてますが、読む余裕も無く…

やっと、ちゃんとしたベンチに座れて、汗を拭き、水分補給しました。
8/17 大門坂終点のベンチに座る  熊野古道

この後、最後の坂を(階段もあったけど無理なので坂を迂回)2、3分登って那智山駐車場に
着きました。

前述の見通しでは45分でしたが、呼吸と脚の疲れを整えないと進めなくて短い休憩(1、2分)
を何度も取らなければならなくて、結局約1時間かかってしまいました

でも予定(見通し)より15分多かっただけというのは、ヘロヘロでもうダメ
何度も音を上げかかった割には上出来だったかも…と、自分で自分を褒めてあげたい

とにかく、体力・筋力の低下を痛感しました
本気で筋トレなどしないと、もうどこへも行けやしない…頑張ろう!

長くなったので、続きは又。


ランキングに参加しています。良かったらポチッとよろしく(^-^)/
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
2022-09-13 (Tue)

映画「百花」を観てきた

日曜日、夫が1週間のタイ出張から帰って来た。昨日月曜日からすぐに仕事だと思ったら、代休(先週日曜日の?)で休みだと。先月も夏休み前の1週間タイに出張していたけど、帰国後そのまま夏休み突入したので、代休は取っていないし、今迄も代休なんてほとんどなかっのでまさか代休をとるなんて思ってもいなかった。さあ、貴重な平日休み。こんなチャンスはめったに無い(平日はどこも空いている)どこかへ行こう!近頃映画「百花...

… 続きを読む

日曜日、夫が1週間のタイ出張から帰って来た。
昨日月曜日からすぐに仕事だと思ったら、代休(先週日曜日の?)で休みだと。

先月も夏休み前の1週間タイに出張していたけど、帰国後そのまま夏休み突入したので、
代休は取っていないし、今迄も代休なんてほとんどなかっのでまさか代休をとるなんて
思ってもいなかった。

さあ、貴重な平日休み。
こんなチャンスはめったに無い(平日はどこも空いている)
どこかへ行こう!

近頃映画「百花」のプロモーションで主演の菅田将暉と原田美枝子がテレビに良く出ていて、
菅田将暉も妻役の長澤まさみも母役の原田美枝子も好きだから、是非見たいと思っていたので、
夫の好きなタイプの映画ではないけれど、誘って行ってきた。

「認知症になった母とその母に向き合う息子」という内容だと、プロモーションなどで分かって
いたけれど、原作は読んでいないし、どんなものか全く分からない前提で観た。

ネタバレになるので詳しくは書きませんが、認知症とか介護の話かというと、
そうでもあり、そうでもなく…ま、それが主ではないという事。

共演するキャストも名のある人が結構出ていて、豪華キャストと言えるが、その割に
存在感みたいなものは薄くて、エンドロールの出演者名を見て、えっ?出ていたんだ…みたいな。

ひと言でいえば、通常のありきたりなストーリー展開では無く、牛の反芻みたいに、
何回もそのシーンを思い返しては噛みしめてみて、分かって来るかなという…
早く言えば分かりにくい展開でもありました。
あくまで私の感想ですけどね。

とはいえ、菅田将暉、長澤まさみ、原田美枝子の演技は淡々と自然で素晴らしかった。
それだけでも観てよかった作品ではあります。
特に原田美枝子は認知症が進んでいくと、すっぴんに近い状態なのだけど、品があって
すごく美しくて、名女優だなと。

少々ネタバレですが、介護施設を訪問した帰りのバスの中で、長澤まさみが
「母親だからって、いつも正しくいられるわけじゃないよ」と言うシーンがある。

私自身も母が晩年認知症だったので、その介護の辛さも経験しているし、
後悔や罪悪感とかも無くはない。
幼少時の満たされなかった想いや「なんで、私が?」的な想いもあった。

そんな諸々の想いを自分の中で昇華させる(許せる)ことが出来たのは、
長澤まさみの言葉と同じような想いに至ったから。

母も若かったし辛い環境の中にも居た。
その年齢の私自身が、私が望む母親像のように立派だったのかと言えば、全然そんなことは無い。
菅田将暉の歌じゃないけど「間違いだらけ」だった。
なのに、母にだけそれを望むというのはどうなのか?

世間は(私自身も)「聖母」的な考え方が多いけど、でもそれって冷静に考えると
幻想だし錯覚だなと思う。
そういう考え方が自分も親も苦しめる…現実はみんなまだ若くて発展途上で未熟。
間違いも失敗も当然あるのだと思えば、もっと寛大になれて心が解放される。

でも渦中にいるとなかなか気が付けないんですけどね。

以上、私の勝手な感想でした。


ランキングに参加しています。良かったらポチッとよろしく(^-^)/
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
2022-09-09 (Fri)

夏旅行③  二日目以降の天候で悩む

2日目は世界遺産の熊野古道から熊野大社に行く予定。1日目、伊勢に向かう途中の静岡辺りで雨に降られ、あーまたか(自慢じゃないけど雨女です)とガックリしてたら、降ったり止んだりが続いて伊勢に着くころは晴れてましたでも市内に入ると、晴れているのにパラっとふったりして、先着の歩いている人々もビニール傘を持っているのを見かけたりしましたが、そのうちすっかり晴れて暑いのなんの…という天気になりました。なのに夕...

… 続きを読む

2日目は世界遺産の熊野古道から熊野大社に行く予定。

1日目、伊勢に向かう途中の静岡辺りで雨に降られ、あーまたか(自慢じゃないけど雨女です
とガックリしてたら、降ったり止んだりが続いて伊勢に着くころは晴れてました
でも市内に入ると、晴れているのにパラっとふったりして、先着の歩いている人々もビニール傘を
持っているのを見かけたりしましたが、そのうちすっかり晴れて暑いのなんの…という天気に
なりました。

なのに夕食をとっている頃から雨が降り始めて、そのうち本降り状態
テレビで天気予報を見ると伊勢市内もこれから向かう熊野あたりも明日は雨の予報
その後向かう先も含めて明日、明後日は雨の予報で、気分はダダ下がり

元気な夫は雨が降ったらセブンでカッパ買って行けばいいじゃん!とのたまっている。
暑さにめっぽう弱いのに、ビニールのカッパなんか着たら、蒸れて蒸れて…
そうでなくても伊勢神宮巡りで酷使した足が持つかどうかというところへ持って来て、
雨では絶対歩けない(登れない)

とにかく旅行に行くと全日程では無くても一部雨に降られる確率高い雨女です。
(この15年位を振り返るとほぼ50~60%の確率で降られてる

夫はどこでもすぐ寝れるタイプで、1分もたたないうちにガ―ガ―といびきをかき始めた。
一方、私は明日の天候の事や予定を変更するかどうかと考えたりしていて、
一向に睡魔が来ない…眠れない
本当なら疲れているからすぐ眠れそうなものだけど…

そんな風にうつらうつらしているうちに朝になり、多分2、3時間眠れたかどうか。
一応雨は上がっている感じだけど、さて予定をどうするか?などと考えながら
朝食に。

朝食はコロナの感染状況によりお弁当になる場合もあり、と書いてあったけれど
バイキングスタイルでした。
マスク着用、ビニール手袋をはめて取りました。
8/17 朝食バイキング 私  伊勢パールピアホテル

夫は張り切って
8/17 朝食バイキング 夫  伊勢パールピアホテル

スィーツ系まで、色々持って来てました(ウィンナが1本の私に対し、夫は5本も
私もこの後コーヒーと小さなスィーツを追加しました

朝食終えて部屋に戻り、雨が降りそうだから予定変更しようかなど提案しましたが、
楽天的な夫はとりあえず予定通り行ってみて、雨になったらまた考えようと。

元々私も楽天的な方なのに、夜だからクヨクヨ考えてしまったのかという気もするので、
夫の意見に従って予定通り熊野に向かいました。

続きます。

ランキングに参加しています。良かったらポチッとよろしく(^-^)/
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ